プレイの熱量が半端じゃない風俗嬢に出会った時の体験談

熱量が半端ない風俗店

何も考えず風俗嬢のテクで射精したい

投稿日:2018年1月24日

恋人が家に遊びに来るときは必ずエッチなプレイをしている。たぶん、恋人もエッチな気分になりたくて家に来ているんだと思うし、お互いの敏感な部分を舐め合ったり感じている姿を見る事で幸せを感じることができるから。ただ、一つだけ納得できないことがあるんだ。それは、男は一度の射精で終わるけれど女は一度イキ始めるとどんどん求めるスピードが速くなっていく。シックスナインで気持ちよくなっている時に彼女をイカせると彼女の動きは止まってしまい、完全に俺がご奉仕する立場になる。一緒に気持ちよくなるのならわかるけれど一方的にご奉仕するのは嫌だ。だから、プライベートのエッチなプレイよりデリヘルを頼んで風俗嬢にご奉仕をしてもらう方がいいことに気づいた。俺が最近利用しているデリヘルはかなり可愛い子が揃っているため、風俗嬢の容姿の心配はない。エッチのテクも抜群だしご奉仕で気持ちよくしてもらえる。何も考えず頭の中が真っ白になって射精できる瞬間は最高だ。

色々な悩みを風俗嬢が受け止めてくれた

昔から自分だけ好きになってくれる恋人を作ることに憧れを抱いていた。好きな人とエッチなプレイをすれば満たされない何かを見つけることができる気がしたし、幸せな気分に酔いしれることができると思っていたんだ。でも、実際に恋人ができてみると一方的に相手に愛情をアピールすることが多く、最近ではエッチなプレイをしたいと思わなくなった。と言うより、エッチなプレイをするのならデリヘルを頼んで風俗嬢にお願いした方が気持ちいいんだ。初めはデリヘルを頼むなんてこんなことできなかったんだけど、恋人とうまくいかなかったのがきっかけで風俗嬢を家まで派遣してもらった。そして、恋人のことを話し自分の悩みを話しているうちに風俗嬢のことが少しずつ好きになっていった。たぶん、俺のために一生懸命ご奉仕して気持ちよくしてくれるから、俺自身が勘違いしているんだろうと思う。彼女はお金のためにエッチなプレイをしているんだろうけど、今の俺はそれで十分に満たされているんだよね。